ENGLISH
  03-5469-0810    

①不妊鍼灸師が教える「40歳からの妊活」

当院の患者様の平均年齢も今年に入ってから40歳以上が50%を超えるようになってきました。世の中の妊活年齢は確実に高齢化しています。また、色々なクリニックの統計データを見ていると、体外受精治療患者の平均年齢も40歳を超えています。

一般的に、体外受精で出産に至る成功率は1回当たり約20%(30歳以下)ですが、40歳では7%、44歳なら1%程度に落ち込みます。

この現状を見ると、40歳からの妊活は半年後、1年後の自分の卵巣年齢などを考慮にいれ、できるだけ短期間で妊娠力を上げるような工夫が必要です。

2013年3月出版「卵子老化の真実」河合蘭氏著では妊娠力の低下に焦点をあてました。年齢が上がるにつれ、妊娠しにくくなる。そればかりか、流産する確率も上がってしまいます。では、それに対処するために、どうすればよいか?

このシリーズではそのことをお伝えしたいと思います。

1)卵子の質ってなんのこと?
2)卵子の質について(栄養編)
3)20代と40代の卵子の違い
4)20代の人と40代の私の違い Part II 環境の違い
5)卵子が喜ぶ生活習慣・食事・サプリメント
6)卵胞液を良くするにはどうすれば良いか?

よろしければ下記も一緒にご覧ください。
一番下までスクロールしていただけると、第1回目の内容からお読みいただけます。

誰も教えてくれない!妊娠・出産に本当に大切なこと

アキュラ鍼灸院 院長 徐 大兼—–

妊娠しやすいカラダ作り コンテンツ一覧

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810