35歳の壁を越えるために酸化(サビ)を減らそう

妊活をするにあたり、年齢の壁に悩まれているカップルは多いと思います。

女性は、35歳を境に卵子の質が下がることが研究でわかっています。
卵子は自分が母体にいる時が最も多く、出生後もその後も減っていくばかりで補充されることはありません。
妊活を成功させる上で、残された卵子をいかにいい状態にできるかが大切です。

男性はというと、精子は毎日生成されていますが、良くも悪くも様々な影響をダイレクトに受けやすいです。
女性同様35歳付近を境にDNA損傷は増え、細胞分裂を促す力が低下します。
運動率や正常形態率が下がるというのです。

クリニックで「胚の質が・・」「年齢的に・・」そう言われて傷ついたご経験があるのではないでしょうか。

そうなると沢山の種類のサプリメントをあちこちから取り寄せて、これも良いあれも良いと頑張って飲んでいる方がいるかもしれません。

ですが、沢山の足し算をする前に、まずは簡単なことから変えていくことがオススメです。

基本的なことですが
①ストレスを減らす、解消をする
自分のカラダのSOSに気づきましょう!
難しい時は他人の力を借りるといいですよ。

②添加物の多い食事を減らす
食品の裏側の表示をよく見てください。
長持ちするもの、色が独特なもの、安いもの。それには理由があります。

③激しい運動は控えて、歩く
ハアハアするほどの運動は活性酸素を生み、カラダをサビさせます。
毎日20-30分夫婦でウォーキング、それだけで十分です。

④厳選した良質なサプリメントを摂る
薬やサプリメントの多さで、内臓を台無しにしてはなりません。
しっかり吸収してもらえるようなカラダ作りをしてから、本当に必要なものを摂取しましょう。

 

今月、待望の 妊活セルフキュアセット が発売されました!

“妊活を始めたけど何からすればいいかわからない”
“色々やってきたけど、結果が出ずに困っている”
そんな方のための3ヶ月間のセットです!

うち×そと×ライフスタイルの3つをカバーできます。

◇葉酸800μg、マルチビタミンなどを含む、”エッセンシャル・フォーミュラ”
◇抗酸化作用のあるPQQやローヤルゼリーを含む、”プレミアム・フォーミュラ”
◇安全な無農薬もぐさを使った、”あったかブランド灸”
◇ライフスタイルを見直すためのオリジナルブック、”セルフキュアブック”

ぜひカラダが変わる喜びを一緒に感じましょう!

鍼灸師 梅田 菜緒

よろしければ過去の記事も参考にしてください。
精子の老化と年齢

********************************************
★★徐院長がインスタ「たいけん先生」を始めました。★★
是非フォローをお願いします!
https://www.instagram.com/taiken_sensei/
********************************************

授からずに悩んでいませんか?

院長が患者様に伝授してきた妊活のゴールデンルールを「サプリ、お灸、ワークブック」にまとめ、セットにしてお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次