妊活中のあなたの子宮内フローラ、確認してみませんか?

よし、妊活を始めよう!とクリニックへ通院を始めた時に、基礎検査と呼ばれる検査は皆様一通り行われることと思います。
しかし、これらの検査は問題なかったのになかなか結果が出ずに悩まれている方が当院にもたくさんご来院されます。

なかなか授かれない原因のひとつに「子宮内フローラの乱れ」があります。
子宮の中にも善玉菌や悪玉菌があることが発見され、善玉菌であるラクトバチルスが子宮内に存在する菌の90%以上をしめているかたでは着床率・妊娠率・妊娠継続率・出産率が高くなるということが臨床研究によって明らかにされました。

子宮内フローラを確認する検査として、EMMA検査があります。

検査結果でラクトバチルスが少なかった時には、錠剤を膣内から投与し、ラクトバチルスの増殖と子宮内への定着を図るのが最も効果的であると考えられています。

現在EMMA検査はクリニックで実施しているところがありますが、家庭でも実施できる検査キットを今後は当院でも取り扱う予定です。(取り扱い開始時期は未定です)

基礎検査は問題なかったのになかなか結果が出ないな…と、悩んでいる方は子宮内フローラをチェックしてみてはいかがでしょうか?

鍼灸師 中原 早津希

よろしければ過去の記事も参考にしてください。
マイクロバイオームについて
膣内マイクロバイオームが妊娠率に影響を与える

********************************************
★★徐院長がインスタ「たいけん先生」を始めました。★★
是非フォローをお願いします!
https://www.instagram.com/taiken_sensei/
********************************************

授からずに悩んでいませんか?

院長が患者様に伝授してきた妊活のゴールデンルールを「サプリ、お灸、ワークブック」にまとめ、セットにしてお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次