ENGLISH
 お問い合わせ    

子宮内膜の遺伝子発現への鍼灸の関与について

この論文はmicroRNA sequencing解析を用い、鍼灸を受けた不妊女性群と受けていないコントロール群の内膜サンプルよりmiRNA, ncRNA, mRNAの発現量の比較、ターゲット遺伝子の予測を行い、着床、内膜の厚さ、内膜循環に提供をあたえる、いくつかのmicroRNAを特定することができた。

科学的解明の進んでいない鍼灸ですが、医療の進歩により古くから存在する鍼灸の科学的な解明が今後加速されることを期待したい。

Integrated miRNA-seq analysis reveals the molecular mechanism underlying the effect of acupuncture on endometrial receptivity in patients undergoing fertilization: embryo transplantation

https://link.springer.com/article/10.1007/s13205-019-1990-3

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ