米国生殖医学会 コロナウィルスについての声明発表

アメリカではすでに2月1日の時点で中国からの入国を拒否してましたが、ウィルスは少しづつアメリカでも蔓延の様相を呈してきました。日本産科婦人科学会では2月14日の段階で声明をだしています。
3月5日に医療者向け情報を更新しました。
http://jsidog.kenkyuukai.jp/images/sys/information/20200305162017-9C145FD90AE6EB028FC0134308E80860F9467916B4BB75CE6B4C1AB0A7356C85.pdf

アメリカではCDCという政府から独立した感染症対策機関があり、感染症対策についてはそこが一括管理を行っており、早期から入国拒否をするなどして、感染予防に努めてきました。
2-3日前から日本へ出国することもできなくなったそうです。

アメリカではまだ発病者が少ないため、現時点でのASRMの見解としては、
CDCからの情報更新を見ながら、適宜に対応していく、、ということです。
CDCへのリンクはこちら
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/summary.html
※このリンクは終了しております。

アキュラ鍼灸院 院長 徐 大兼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次