ENGLISH
 お問い合わせ    

【4年前の投稿】マイクロバイオームについて

子宮内フローラ検査(マイクロバイオーム検査)を実施しているクリニックが増えてきています。

既に四年前に私はこの検査について触れていました。

人は様々な微生物と共存しています。子宮内ではラクトバチルスが多いほうが妊娠しやすいと言われています。

人の空洞(口腔、膣、卵管、精巣、尿道など)のほとんどすべての空洞にその空洞特有の細菌叢が共存しています。

健康に適した環境で共存できるようにするには、カラダをパーツパーツで見るのではなく、根本的な体質改善が必要です。

子宮内フローラが妊娠に好ましくない環境だった場合、ラクトフェリンなどのサプリメントや膣座薬が処方されますが、子宮内の細菌叢がなぜ妊娠に好ましくない状態になっているのかを考える必要があるのではないでしょうか?

いまの所、原因を特定することはできませんが、自律神経のアンバランスから起因していることだと私は考えています。

院長 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ