ENGLISH
  03-5469-0810    

不妊治療において男性の方々に伝えたい事

こんにちは ニコニコ

令和元年を迎えてひと月経ちますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

ここ最近、ご夫婦で鍼灸治療に通われる方が増えてきているように思います。

これは、いままで女性中心だった不妊の悩みが、

男性側に半分原因があるということが浸透してきたことや、

ご夫婦二人の課題として男性の方々の意識も変わってきている兆しなのでしょう。

 

 

しかし、、、まだまだ。

まだまだ、、、、まだまだ。

毎月、出会いと別れを繰り返し、

検査も投薬も、身体への負担も、プライド・恥じらいなどのメンタルストレスも、

妊娠を取り巻く環境では、女性の負担は男性とは比べものにならないほど大きいです。

 

 

男性がする妊娠能力を確認する検査は精子の所見のみです。

さらに、数値が基準をクリアしていたら、「よかった、おれは問題ない。」「あとは頑張ってね。」

となっているのが、正直なところじゃないでしょうか。

 

 

毎日毎日、頭の中には妊娠のことばかりが巡っている、、、、、

そんな、不妊治療に励む女性の方々と日々接していて、

 

 

ご主人様である男性の方にも、もっともっとできることがあるのではないか。

 

 

子宝を授かるためにサポートしている一端の鍼灸師として、知ってもらいたい事があります。

フェミニストではないですが、男として、心から伝えたい事があります。

 

 

大変な不妊治療が、ご夫婦の絆を深めるかけがえのない時間になりますように。

 

 

【1.話を聴くこと】

 

正論の答えを求めているわけではありません。上手く話せなくていいんです。

ただ、ただ、言わせてあげてください。

うん、うん、と肯定してあげてください。

聞き流すのではなく、身体を、顔を、目を、気持ちを、向けてあげてください。

 

【2.労うこと】

 

そして、いつもありがとう。

大変だけどお疲れ様。

ゆっくり休みな。

そんな労いの言葉をかけてあげてください。

 

【3.理解するために勉強すること】

 

寄り添うにも正確な認識が必要です。

どうやって妊娠するのか。検査はどのようなことがあるのか。不妊の原因はどんなことがあるのか。

では、どのように治療は進んでいき、その副作用や煩わしさなどは何なのか。

そして、コストはどれだけかかる投資なのか。

夫婦で取り組む課題としてちゃんと勉強して、見ている方向を合わせてあげてください。

 

【4.小さなサインに気付くこと】

 

多くの女性が、結果につながらないことに負い目を感じています。

そのため、申し訳ないなという気持ちから意見や本音を吐き出せずにいるケースがあります。

なんか元気ないな。

なんかイライラしてるな。

そんな変化に気付いてあげてください。そして、気遣ってあげてください。

 

【5.周りの雑音から守ること】

 

親族の期待、ともだちの子育て話、同僚の目、インターネットの声。。。

ネガティブな言葉だけではなく、「がんばれ」という応援や、「気にしないで」という優しさも、

ときには心の柔らかい部分に刺さってしまうこともあります。

不安になればなるほど、外からの雑音に敏感に反応してしまいます。

一番近くにいる御主人さまには、耳栓やメトロノームの役割を担ってほしいです。

最強の盾になってください。

 

【6.共に頑張れることを見つけること】

 

女性が検査や処置を受けるのは、さすがにお手伝いすることができませんが。。。

一緒にサプリメントで体質改善にチャレンジする。

一緒にお灸や運動などのヘルスケアを日課にする。

日頃から共に努力してくれたり、共に我慢してくれたりするだけで、

どれだけ心強い支えになるか。 治療への前向きなエネルギーになるか。

子どもを授かるにはパートナーシップがとっても大切です。

 

【7.心配事を増やさないこと】

 

治療のこと、身体のこと、仕事との調整など、

不妊治療に励む女性は、ただでさえ心配事をたくさん背負っています。

それなのに、パートナーであるあなたが心配事のタネになって足を引っ張ってはなりません。

不安になるような行動は慎んで、自分のことはできるだけ自分でできるように、

負担にならないように振る舞うだけでも、大きな貢献につながります。

 

【8.嫉妬しないこと】

 

女性は、お母さんになるために懸命にチャレンジしています。

未だ見ぬ赤ちゃんに嫉妬しないでください。

子どもに愛を取られるなんて思わないでください。

男なら、大きな愛でパートナーと赤ちゃん全部を包み込んでください。

そんな大きなあなたに対して、いずれ何倍もの大きな愛の塊を返してくれますから。

 

【9.笑顔にしてあげること】

 

笑顔は、最強の幸せホルモン、セロトニンの分泌量を上昇させます。

また、免疫細胞のバランスを整えたり、血流を上げたり、脳が活性化したり、

その他にも生理的にポジティブな作用が盛りだくさん!!

笑顔は周りに伝染します。

赤ちゃんは、ハッピーな空間を、生まれたい場所として選んでくれます。

 

【10.サボれるゆとりを持たせてあげること】

 

不妊治療は、ゴールとスタートを繰り返すシャトルランのようなものです。

どんなスタミナがある人でも、周数が増えれば増えるほどバテてしまいます。

ギャラリー側から見てるだけではなくて、同じフィールドでコーチングしてあげましょう。

オーバーワークは、かえってパフォーマンスを悪くします。

無理させないように、最大の成果を上げられるように、サボらせてあげましょう。

 

【11.男として、最愛の女性の幸せを第一に考えてあげること】

 

男として、かっこよくありましょう。

男として、強く大きな心で支えましょう。

ライオンハートです。

 

 

 

最後に、

男と女の言葉のすれ違いを紹介しますね。

 

 

「もういいよ」は全然よくない時
「どーでもいい」はどーでもよくない時
「大丈夫」は心配させたくない時
「ごめんね」は素直になりたい時
「1人でも大丈夫」は本当は寂しい時

お茶らけている時は本当は深く傷ついている時

 

いろいろなタイプの女性がいますが、女性の発言の裏側を読み取れる男性は素敵だと思います。

 

 

鍼灸師

髙田 健太

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810