ENGLISH
 お問い合わせ    

精子簡易検査キット「シーム」が米国生殖医学会誌で紹介

当院で販売しているシームが米国生殖医学会誌 Fertility and Sterility 5月号に紹介されてました。獨協医科大学泌尿器科医 小堀 善友医師による投稿。別のページにはTenga Loupeや市販されている様々な簡易キットの紹介 も。

 

結語では、ラボより検査できる項目が限られている(当然ですが)ため、簡易キットで正常と出ても、実際には正常でない場合、正しい診断を受ける機会を失いかねないと警鐘を鳴らしています。

 

精子形態異常、酸化還元電位(精液中の酸化ストレスの測定)、DNA 断片化指数は測定できないものの、精子濃度と運動率は測定できるため、私は一定の評価をしています。

 

自然妊娠を希望されているが、ご主人が病院へ行くのが億劫で、フーナーテストが不良の方へ当院ではお勧めさせていただいております。

女性が妊娠できない原因は多肢に渡ります。一方、男性は精子のみ。
射精は痛みを伴いません。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ