ENGLISH
 お問い合わせ    

運動を始めようと思うんですけど…ピラティスってどうでしょう?

「10回で気分が良くなり、20回で見た目が変わり、30回で体のすべてが変わる」といわれるピラティス。

当院の患者様にヨガをお勧めするとピラティスほどうでしょう?と聞かれることが時々あります。

でもでも私、正直言って…ピラティスのことほとんど知りません!

なので!今回ピラティス受けてきましたよー!

○ピラティスって?

ピラティスは、1920年代にドイツのジョセフ・ピラティス氏によって考案されたエクササイズです。第一次世界大戦中に負傷兵にリハビリプログラムとして提供したことをきっかけに発展。100年の歴史があります。

元々が医療用リハビリから始まったことは興味深いですね!

ピラティスで行われるエクササイズのほとんどは、骨盤と脊柱の動きに焦点を当てています。たくさんのエクササイズがありますが、それらはすべてアライメントを整えることに重点が置かれています。

○ピラティスとヨガの違い

ピラティスとは何かを理解するのに、ヨガとの比較がわかりやすいと思います。
ものすごーく平たく纏めると・・・

・心と体を繋げるヨガ

ヨガは宗教であり、哲学です。東洋医学に含まれます。
体の鍛錬を通して心の平安を得ることを目指します。アーサナ(エクササイズ部分)と瞑想、呼吸法がセットになっているのも特徴的です。

・体の機能向上,強化を目指すピラティス

一方ピラティスは筋力の強化、動き、機能の向上を目指します。全ての動きには目的があります。筋肉にフォーカスするため、ヨガよりも外見、動きに変化が出やすいと言えるでしょう。

○ピラティス体験しました!

さて私、実は1人目の子供を妊娠中から6年間細々とヨガを続けております。
何となく遠ざけがちだったピラティス。この度、チャレンジすることにしました。

一応初心者OKとある1時間のピラティスクラスです。

意気揚々と参加するも、実はこの日ちょっとお腹が下し気味。出産後骨盤内底筋群に不安のある私はそういうとき、体が冷えて怠く憂鬱。
からの・・・ハードな自重筋トレです!体幹メインで動かします。動かし続けます。
今回特にきつかったのは内転筋エクササイズ。特定の筋肉だけを動かす小さな動きなので、他の筋肉で補完する(=サボる)事ができません・・・・涙

そして受けたことのある方ならわかると思うのですが、ヨガだと最後に5.10分くらい仰向けになって目を閉じ、瞑想する時間がありますね。私はあの時間のためにヨガを受けているといっても過言ではないのですが!

なんとピラティスだとエクササイズの後「お疲れ様でしたー」とあっさり終わってしまうのが衝撃的すぎました。

私へとへとなんですけど・・・!?このまま帰るんでしょうか涙

一方で興味深い体の変化もありました。

始まって30分たったころから内臓の下垂感がなくなり、体の内側のだるさが消え、滑らかに動く感じが出てきました。インナーマッスルが内臓を元の位置に戻したのではないでしょうか。その感覚は半日くらいは続き、2日たった今は下垂感も消えました。

ヨガは終わった後心が広くなったような穏やかな気持ちになりますが、ピラティスの場合すっきりしゃっきりと目覚めたような感覚です。

うーん、それぞれいいところがありますね!

今後患者さんにピラティスはどうでしょうか?と聞かれたら・・・ピラティスもとてもいいんじゃないでしょうか!と笑顔でお返事しようと思います★

鍼灸師
村越麻紀子

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ