ENGLISH
 お問い合わせ    

精子検査とその基準値

Q:男性の不妊の検査はどのようなものがありますか?

男性の検査といえばまずは精子検査です。精子の量や質を調べます。

不妊の原因は半分は男性に問題があるといわれており、男性も検査必須です!

さて、検査結果には基準値があり、それを上回っていれば「正常」ということになるのですが
この「正常」はどの程度のことだと思いますか?

2010年のWHOの基準だと以下のような値になっています。
精液量     1.5ml以上
精子濃度    1500万/ml以上
精子数     3900万以上
運動率     40%以上
正常形態率   4%以上

これは過去1年の間に妊娠したカップルのサンプルの下位5%のラインです。

5%です。

偏差値でいうと34ぐらいです。

そのボーダーで正常です!と言われてもちょっと悩みませんか?

ちなみに下位10%のラインだと
精液量     2.0ml以上
精子濃度    2200万/ml以上
精子数     6900万以上
運動率     45%以上
正常形態率 5.5%以上

下位25%ラインは
精液量     2.7ml以上
精子濃度    4100万/ml以上
精子数     1億4200万以上
運動率     53%以上
正常形態率 9%以上
このあたりの数値でも、正常下限値の2~3倍ですね。

逆に上位5%は
精液量     6.8ml以上
精子濃度    2億1300万/ml以上
精子数     8億200万以上
運動率     78%以上
正常形態率 48%以上

このあたりになると、質のいい精子の数は正常下限値の100倍以上になります。

というわけで、精子検査で正常範囲内です!となっていても
自然妊娠を希望するのであれば、基準値を大きく上回りたいところです。

妊活は女性が中心になりがちですが、男性も積極的に精子状態の改善にとりくんでいきましょう!

精子チェックのためにクリニックに行くのが難しいという方のために

当院ではSEEMというiPhone専用の精子チェックキットを販売しおります。

濃度と運動率を計測することができ、測定キット自体は一回きりですが

複数回チェックしているとアプリで変化を記録、確認することができます。

こちらもお試しください。

 

鍼灸師
森 祐輔

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ