ENGLISH
 お問い合わせ    

【男性不妊】バイアグラなどホスホジエステラーゼ5阻害薬(PDE5I)


ホスホジエステラーゼ5阻害薬(phosphodiesterase type 5 inhibitor;PDE5I)は勃起障害の患者さんに使用する薬です。主にシルデナフィル(バイアグラR),バルデナフィル(レビトラR),タダラフィル(シアリスR)の3種類があります。副作用として、ほてり,頭痛などが10~20%で発生します。 性交渉の直前に内服しても十分な効果は期待できないので,前もって内服することが大切です。

また、副作用が強すぎて、性交渉できないかたは鍼灸をお試しになられてはいかがでしょうか?ホスホジエステラーゼ5阻害薬は血流改善作用を目的とした薬です。鍼灸には血流改善効果がありますから、薬と同等の効果が期待できることがあります。

勃起障害のなかでも、下記は鍼灸の適応外となります。

下垂体機能低下(MHH Male Hypogonadtropic Hypogonadism 低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症)が疑われる場合はまずホルモン検査をします。不足している場合は性ホルモン補充療法(CG-FSH療法、テストステロン補充療法)を行います。

男性不妊について、詳しくお知りになりたいかたは下記URLを参考にしてください。

アキュラ鍼灸院 勃起不全・男性不妊・精子改善について

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ