ENGLISH
 お問い合わせ    

妊娠体質を作る近道が意外なところにありました!

妊活をするにあたってほとんどの方が、足元を温めたり、腹巻を巻いたり・・・・!

「冷え」への対策を意識されているかと思います。

ですが、皆さん。生理の時のナプキンはどうされていますか?

↓↓

おそらく使い捨ての紙ナプキンを使用していると思います。

今や吸収性が良くなり、種類も豊富でデザインまで可愛いものが販売されていますよね。

ですが、あれらの原料になるのは3−4割が石油系素材で、表面はポリエステル、ポリプロピレン、レーヨンなどの不織布。

内部は綿状パルプ、ポリマーなどの吸収促進剤、消臭のためのデオドランド剤などで作られています。

こういった化学物質(毒素)は、生殖器粘膜からが一番吸収されてしまう(生殖器粘膜からの経皮吸収は腕の内側の42倍にもなる!)そうで、これらは体内に90パーセント以上残留するとのこと。

そして、その蓄積先は女性は子宮や卵巣、男性は精巣や睾丸といった生殖器だと言われています。

これが少しづつ蓄積されることで月経痛の一つの原因にもなるのだとか・・・

そこで紙ナプキンではなく、布100%で作られている布ナプキンを使うと、この毒素から守ってくれるだけではなく、冷えや生理中のトラブル、自分を見直す力が生まれることが研究で明らかになっています。

 

今回紹介する布ナプキン。

一見、不衛生に感じたり、面倒くさそうに思える気もしますが布ナプキンには多くのメリットがあります。

①  冷えの対策
→石油製素材を使う紙ナプキンと違い、布は保温性が高く、腰回りを温め、身体の冷えを防ぐことができるそう。

②  布の感触の良さ、皮膚トラブルの改善
→通気性の良いコットンなどで作られているため生理中のデリケートゾーンのかゆみや蒸れが気にならなくなった人も多いとか。

③  自分の身体に対する気づきとコントロール感が生まれる
→毎回捨ててしまう紙ナプキンと違い、洗って使うため、必然的に血の特徴や色をチェックする機会が増えます。今まで考えなかったライフスタイルや環境への関心が高まるそう。

④  月経観の変化
→月経が来るたびに「厄介だ」と負の感情が芽生える人も多いはずです。布ナプキンを使うことで、月経血のコントロールができるようなり、以前感じたトラブルが減少することで、月経を受け入れその期間を大切にしようと思えるようになるそう。

布ナプキンに変えるだけで、こんなにも身体に良い影響があります。

よく考えてみれば、尿をためてからトイレに行くのと一緒で、月経血を膣口で貯める感覚を養い、トイレに行った時に出せるというのが自然な身体の働きだと思いませんか?

最初は紙ナプキンと並行で使ったり、月経期ではない時から使用してみるのも良いようです。コントロールする際は、会陰を閉めるというよりも引きあげるイメージで!!

そもそも月経は、受精卵の着床にむけて子宮の内膜を新しいベッドにしてあげるための準備の期間です。

赤ちゃんを授かるための大切な時間を布ナプキンに変えて、身体の変化を楽しみながら妊活してみてはいかがでしょうか?

 

-参考文献-

月経用布ナプキンの使用が女子学生の不定愁訴に及ぼす影響

経皮毒とは?

・ 授かり力アップ! 妊活女子の「冷えとり」ガイド

 

鍼灸師 梅田菜緒

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ