ENGLISH
 お問い合わせ    

経妊歴の書き方  GPAC

 “GPAC” と呼ばれる妊娠歴の英語表記

 

日本の産婦人科では主に Gravidity と Parity がよく使われますが、英語圏の産婦人科ではもう少し複雑な表記が使われます。

 

GPACはGravidity「 妊娠回数」、Parity「 出産回数」、 Abortion「 中絶回数」、そしてCesarean section「 帝王切開の回数」で略語です。

 

さらに、これに加えて “TPAL” という表記も存在します。これは Term birth「 正期産の回数」、 Preterm birth「 早期産の回数」、 Abortion「 中絶回数」 、 Living children「 生存している子供の数」を表します。

カルテに

経妊歴:        2-G, 0-P

 

と書いてあったとすると 妊娠回数2回、出産回数0となり、流産を2回していることになります。

出典: 

https://en.wikipedia.org/wiki/Gravidity_and_parity

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ