ENGLISH
  03-5469-0810    

精子の老化と年齢

「卵子は加齢とともに老化する」という事実は広く認識されつつありますが、「精子の老化」についてはどうでしょうか。卵子と比べてあまり注目されていないのでは、と感じます。

 

複数のネットニュースで以下の記事を見つけましたので、内容をご紹介します。

 

岡田弘医師(獨協医科大学越谷病院泌尿器科主任教授)らのグループは、以下の実験を行った。

男性不妊外来を受診した男性のうち、精液検査で異常が見られない20~40代の男性80人の精子を、それぞれ複数のマウスの卵子に顕微鏡を使って注入する「顕微授精」をしたところ、20~29歳は72%、30~34歳は69%と35歳未満では約7割を保ったが、35~39歳は62%、40~44歳は52%、45~49歳は39%と、35歳を境に卵子を活性化させる能力低下が際立った。

 

一方、子供がいる20~40代の健常男性30人の精子では、年齢に関係なく68~85%と高い数値を示した。

 

岡田教授は、男性には精子が老化するタイプと老化しないタイプがいると分析した上で、「35歳から精子の受精能力が低下する人が一定の割合でいるとみられる。不妊の原因は卵子の老化だけでなく、男性側の加齢による精子機能の低下も考えられる」としている。

 

出典:産経WEST「人生の楽譜・間奏曲」

 

 

海外文献でも、男性の年齢と精子の質が妊娠率・受精率に影響するという報告が複数見られます。その中の一つをご紹介します。

 

学会誌”Fertility and Sterility”に掲載された文献より

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810