ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

ミトコンドリア注入、新不妊治療で女性4人から5人誕生 – 大阪のクリニック

体外受精の際に、女性の卵巣から採取した細胞内の小器官「ミトコンドリア」を使って卵子を活性化させる新たな不妊治療の手法(OvaScience’s AUGMENT Treatment)で、妊娠した4人から国内で初めて5人の子供が生まれたと、大阪市北区のクリニックが21日、発表した。

以下、産経WESTニューズから
http://www.sankei.com/west/news/170621/wst1706210082-n1.html(リンクは終了しております)

■活性化で「卵子の若返り」
この治療法は米国で開発され、加齢で老化した卵子の質の改善を図る「卵子の若返り」などとしても注目されている。世界では200例を超す実施例があり、30人以上が生まれている。
日本でも、平成27年12月に日本産科婦人科学会が臨床研究として実施を認めていたが、有効性や安全性に懸念を示す専門家もいる。
実施したのは、「HORACグランフロント大阪クリニック」。森本義晴院長によると、28年1月からこれまでに21人の女性がこの治療を受けたという。
事前に腹腔鏡手術で摘出した卵巣組織の一部からミトコンドリアを採取し、父親の精子と一緒に卵子に注入。6人(27~44歳)が妊娠に至り、今年の2月から6月にかけて4人(27~36歳)が出産した。

内訳は男児2人、女児3人の計5人で、男女の双子も含まれる。一般的な体外受精は1回あたり60万~70万円だが、この治療は170万円ほど。クリニックでは今後も治療や生まれた子供の追跡調査を続け、安全性の確認を行う。

森本院長は「子供の健康状態はいずれも問題ない」とした上で、「卵子の質を上げることができる治療は画期的だ。従来の不妊治療では妊娠が難しい人でも妊娠の可能性が高まった」と話している。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ