ENGLISH
 お問い合わせ    

メタ分析: 鍼灸はPCOS患者でIVFもしくはICSIを受ける患者に有効か 

本論文はロッテルダムクライテリアによってPCOSと診断された4つのRCT論文にわたる430名の参加者による結果を比較検討したものです。この論文は臨床妊娠率、生産率、妊娠継続率、OHSSの頻度などを調べました。

 

Effectiveness of acupuncture in women with polycystic ovarian syndrome undergoing in vitro fertilisation or intracytoplasmic sperm injection: a systematic review and meta-analysis 
http://dx.doi.org/10.1136/acupmed-2016-011163

 

結果: 

鍼灸を受けた群の臨床妊娠率は優位に上昇した (RR 1.33, 95% CI 1.03 to 1.71)

妊娠継続率も優位に上昇した(RR 2.03, 95% CI 1.08 to 3.81)。OHSSのリスクは低下した  (RR 0.63, 95% CI 0.42 to 0.94)。但し、生産率については優位差は認められなかった (RR 1.61, 95% CI 0.73 to 3.58)。

 

結論:

鍼灸はIVFもしくはICSIを試みようとしているPCOS患者の臨床妊娠率、妊娠継続率の上昇に寄与する可能性がある。また、OHSSになる可能性を低下させる可能性があることが示唆された。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ