ENGLISH
 お問い合わせ    

梅雨時のだるさ、むくみをとる方法

皆様こんにちは。今年も梅雨の季節がやってきました。電車も遅れるし、洗濯物は乾かないし、天気も心も晴れない。体もだるいし、なんとなく胃も重たい・・・そんなうっとうしい季節でもあります。

今回のテーマは梅雨時の養生。
湿気でじっとりの梅雨。そしてその後の暑~く長~い東京の夏を元気に過ごすにも、この時期の過ごし方はとても大切です!
おすすめの食べ物や生活習慣についてまとめます。

梅雨時のむくみやだるさを取る方法、見てみましょう。

さてさて、
中医学(東洋医学)でも湿気と身体の関係については古くから研究されてきました。からだに悪影響を及ぼす湿気を「湿邪」(しつじゃ)と呼びます。邪、っていかにも体に悪そうな響きですね・・・
湿邪による体調不良の原因には「外湿」「内湿」の2種類があります。

○蒸れた外気が体内に入り込み,停滞する「外湿」
外湿で現れる症状とは
体の重だるさ
代謝が悪くなってむくみやすくなる、
関節が痛む、おりものがふえる、など。

じめじめした季節に外から体に入り込むのが外湿です。
梅雨時は外湿の多い日が続くため、いずれもしつこい症状になるのも特徴です。
思い当たる方も多いのではないでしょうか?

外湿対策としては・・・どんどん入ってくる湿を溜めず、まめに排出することです!
利尿作用のある飲み物、麦茶、コーヒー、緑茶などを飲んで排出を心がけましょう。

食べ物としてはもやしや春雨、他には芳香性のある野菜、しそやパクチー、ゆずなども湿の排出を助けます。
梅雨の晴れ間にはぜひ布団を干して湿気とカビを溜めないように心がけましょう。また、半身浴や軽い運動で汗を流すことも湿の排出に繋がります。

○体内に湿が内生する「内湿」
内湿とは消化機能の低下により体の内側から生じる湿のことです。
こちらは食欲不振、胃のむかつきなどの不調が現れます。
腸が水分を吸収できなくなり、下痢や軟便にもなることも。
しかも、外湿とも結びつきやすいので倦怠感、疲労感も出がちです。

内湿で弱った胃腸を回復させるには、冷えたメニューを避け、加熱したあたたかいものを選ぶのが大切です。消化機能を維持しながら湿を取り除く食材を取り入れてみましょう。

飲み物も食べ物と同じく重要です。はと麦茶、小豆、コーン茶は内湿を取り除く効果があります。おすすめの胃腸を強くする食材はインゲン豆、山芋、大豆製品など。
しょうが、にんにく、キムチなど体を温める性質のある食材もおすすめです。

○梅雨を快適に過ごすには
さて、湿気の多い梅雨は不快なことも多いですが・・・
何かこの時期ならではの楽しいことを探してみるのはいかがでしょうか。
雨に濡れた紫陽花、苔や新緑の美しい時期でもあります。梅雨時の美を探しに、鎌倉や箱根に行くのもいいかもしれません。
日本の緑ゆたかな風土の美しさ、それは湿気あってこそではないでしょうか。

雨の時しかできないおしゃれもありますね。
最近は可愛いレインブーツ、レインコートもたくさん出ています。アキュラのご近所なら、渋谷ヒカリエにもたくさーん並んでいますよ!

また、いつもより電車も遅れがちですので予定は詰め過ぎず、ゆったりと時間に余裕をもって動くと、イライラ軽減につながるかもしれません・・・(今年こそ、私も心がけます・・・)

食事や生活のちょっとした心がけで梅雨を元気に乗り切りましょう!
勿論、鍼は胃腸の強化、養生に効果的です。

ぜひご相談くださいね。

鍼灸師 村越 麻紀子

 

画像参考:箱根美術館HP
@heartふるさとの声をあなたへ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ