ENGLISH
 お問い合わせ    

「沈黙の叫び」妊娠中絶反対派による教育映画

沈黙の叫び

沈黙の叫び』(原題:The Silent Scream) は1984年の妊娠中絶反対派による教育映画。監督はジャック・デュアン・ダブナーで、ナレーションをバーナード・ナサンソンが担当している。ナサンソンは産科医でNARAL(妊娠中絶権擁護全国連盟)プロチョイス・アメリカの創始者でもあるが、妊娠中絶を行う側から中絶反対の活動家に転向し、生まれる権利を守る全米委員会(National Right to Life Committee) との協力のもとこの映画を製作した[2]

この映画では、超音波検査による画像をもとに子宮内で行われる中絶手術が段階的に可視化される。手術のあいだ胎児は痛みと不快感から悲鳴をあげているかのように描かれる。この映画は人工中絶反対派のキャンペーンにおいて非常にポピュラーな教材であるが[3]、医学界からはミスリーディングな内容だと批判を受けている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%88%E9%BB%99%E3%81%AE%E5%8F%AB%E3%81%B3

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ