来月メルクセローノから発売される、国内初の遺伝子組換えhCG製剤”オビドレル”について

腹腔鏡の名医、パトリック・ステップトーの技術なしでは、体外受精を可能することはできませんでした。現在は経腟プローブに針を通し、簡易な設備で採卵ができるようになりました。アンタゴニスト製剤(ガニレスト・セトロタイト)が開発され、誘発・刺激も簡易になりました。ペン型の自己注射薬が開発され、通院回数を減らすことができました。体外受精はどんどん身近な医学、だれでも簡単に、気軽に受けられる医療になりつつあります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次