ENGLISH
  03-5469-0810    

食べ過ぎ飲みすぎには

クリスマスサンタも終わり、いよいよ年末年始がやってきますね門松

 

クリスマスや忘年会など、食べる事が多いこの季節は、胃腸が弱ってきますびっくり

また、この時期は胃腸炎などの感染症も増える時期なので、胃腸を整えて免疫力を高めることが必要です照れ

 

せっかくの記念写真も食べ過ぎなどで胃が弱ると口内炎や口角が切れるなど口のトラブルが生じやすくなり、消化吸収能力が落ちて、むくみや肌のカサつきも起こりやすくなりますガーン

 

暴飲暴食をした次の日は消化のよいものを食べたり、1食抜いたりして胃腸を休めましょうニコニコ

 

お酒を飲むときは肝臓にやさしい食べ物を選びましょう生ビール

 

肝臓を正常に働かせるためにはビタミンが欠かせません。ビタミンが不足すると送られてきた栄養分をうまく処理することができず、体にエネルギーを行き渡らせることができません。とくに「抗酸化ビタミン」と呼ばれるビタミンA・C・Eは大事にしましょうニコニコ

 

ビタミンAの動物性食品では豚肉や鶏肉のレバー、植物性食品では小松菜やニンジンなどがあり、ビタミンAには皮膚や粘膜を正常に保ち免疫機能や生殖機能を維持する働きがあります。

ビタミンCの代表は枝豆!枝豆はマメ科ダイズ属の植物で、大豆でありながら、成長した大豆にはあまり含まれないビタミンCが豊富です。ビタミンCには二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を促進する働きがあります。また、枝豆にはアルコールの代謝を促進させるビタミンB1も豊富です枝豆

ビタミンEは酸素の利用効率を高め過酸化脂質を分解し、細胞膜、生体膜を活性酸素から守ります。とくに、アーモンドやヘーゼルナッツに多く含まれています。小分けにして小腹空いたときに食べると良いかもしれませんねアーモンド☆

※レバーパテ、枝豆の炊き込みご飯、鶏肉とナッツの炒めものなどはいかがでしょうか?エプロン

 

 

鱈腹鏡餅食べた後は胃にやさしい食材を選びましょうおせち

 

肉類だと繊維が軟らかく脂肪分が少なく疲労回復させてくれる「イミダゾールジペプチド」が多く含まれている鶏の胸肉にわとり1野菜では胃酸を抑えて胃炎を軽減してくれる「ビタミンU」が多く含まれるキャベツや強い抗酸化作用があり胃炎や胃潰瘍を引き起こすピロリ菌を改善する効果があるブロッコリー野菜ブロッコリー☆ネバネバ代表のオクラモロヘイヤには胃粘膜を保護、強化してくれる「ムチン」が入っていますオクラ輪切り海藻の代表であるワカメコンブには胃粘膜をサポートしてくれる「フコダイン」が入っていますわかめ昆布青魚マグロ・カツオ・イワシには二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解してくれる「ナイアシン」が入っていて、胃腸障害を軽減してくれます。

※鶏胸肉の肉じゃがや鶏胸肉とブッロコリーの炒め物、納豆とオクラの和え物、ワカメスープなどはいかがでしょうか?エプロン

参考サイトhttp://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/172686

参考文献:からだに効く栄養成分バイブル

 

当院オリジナルサプリメントのPremamaplusには良質なビタミンB1・B2・Cが含まれています。日々の体調管理にもおすすめですウインク

参考サイhttp://ameblo.jp/acuraclinic/entry-12145145852.html

 

 

良いお年をお迎えください。

 

鍼灸師 安田直子

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810