ENGLISH
 お問い合わせ    

妊娠と薬の悩み解消法

 妊娠を考えている夫婦や妊婦が、持病の薬などについていろいろと悩むケースは少なくないと思います。風邪薬一つを取っても、これから妊娠する、あるいは今お腹にいる赤ちゃんに影響が出ないかと、安全性についてとても気になると思います。

 国立成育医療研究センターの取り組みの中に、「妊娠と薬情報センター」というものがあり、薬について専門家に電話で相談をすることが出来ます。相談の仕方は、先ず問診票を国立成育医療研究センターのhpからダウンロードし記入、同センターに郵送すると、「相談のお知らせ」が届くので、同センターに電話をして相談するというシンプルな流れで行われます。
この取り組みの概要は以下の通りです。

≪概要≫
 厚生労働省の事業として、2005年10月より、「妊婦・ 胎児に対する服薬の影響」に関する相談・情報収集を実施しています。現在、我が国においては、医薬品の妊婦・胎児への影響に関して、必ずしも十分な情報があるとはいえません。相談に際しては、トロント大学(カナダ)と連携し、小児科病院で蓄積されたデータ他、既存の文献を基礎情報として活用し、科学的に検証された医薬品情報を妊婦や妊娠希望者に提供することで、妊婦・胎児への影響を未然に防ぐことに務めています。
またセンターとしても独自に、妊婦の協力を得て、服薬が妊娠に及ぼす影響を調査・蓄積し、「薬剤情報データベース」を構築、検証・評価された情報として提供できる体制作りを急いでいます。
将来的には、全国に「拠点病院」を指定し、双方向の情報提供を実施するネットワークを運用する予定です。
以上、国立成育医療研究センターwebページ抜粋

 日本では米国に比べると、妊婦や妊娠の可能性がある方への投与が禁じられている薬は非常に多いと言われています。これは、母体などへの影響を考慮し、妊婦への臨床試験が行われてなく、安全性が証明されていないからです。また、妊婦が利用できる薬についてあまり知らない医師も多いといいます。今後、同センターでは、この取り組みを通して情報を収集しデータベース化し社会に提供していくということなので、安心して飲める薬が増えていく事が期待されます。

 ご自身の体調が悪くなったとしても、赤ちゃんに影響があるかもしれないから、薬は飲まないという方もいるかもしれません。しかし、薬を飲まないことによって体調を崩してしまい、赤ちゃんに影響を与えてしまわないように、薬に対する確かな知識を持つことは非常に重要だと思います。持病がある方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

鍼灸師 天野進也

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ