ENGLISH
 お問い合わせ    

妊娠のメカニズム

妊娠の成立とは…

お母さんの子宮内膜に受精卵が着床することによって妊娠が成立していきます。

では、どのような過程をたどって妊娠が成立するのか説明していきます。

卵子
・FSHが脳の下垂体から分泌され卵胞が育っていき、卵胞からエストロゲンが分泌されます。エストロゲンが増えてくるとLHが大量に分泌され排卵が起こります。
・卵巣から出てきた卵子は、卵管采から卵管に取り込まれます。

精子
・セックスで膣内に射精された精子は、子宮頚管を通り子宮に入っていきます。子宮に入った後は卵管へと進んでいきます。

受精
・卵管にある卵管膨大部に辿り着いた精子は、排卵される卵子を待ちます。
・排卵後、卵管采から卵管に取り込まれた卵子は、卵管膨大部で精子と合流します。合流した卵子にたくさんの精子が取り囲み、その中のひとつが卵子の透明帯という膜を破り卵子の中に入り受精します。入った瞬間に卵子の周りにいる他の精子は中には入れなくなります。

着床
・卵管膨大部で受精した受精卵は、細胞分裂を始めて、2細胞→4細胞→8細胞と細胞の数を増やしていき4日目には桑実胚になっていきます。このように細胞分裂を繰り返しながら受精卵は子宮へ向かっていきます。
子宮に到着した受精卵は、排卵から5~7日目に胚盤胞といわれる状態になり、子宮内膜にくっつき、どんどん子宮内膜にもぐり込んで着床します。

妊娠
・着床したあと、さらに細胞分裂を繰り返し、受精から5~6週間目くらいになると超音波検査で胎嚢が確認できるようになります。

最後に…
受精までの過程をもっと詳しく知りたい方はhttp://ameblo.jp/acuraclinic/entry-12072048911.htmlをご参照ください。

育卵・着床のための鍼灸治療に関してはhttp://ameblo.jp/acuraclinic/entry-12065985238.htmlをご参照ください。

参考文献
一般社団法人 日本生殖医学会

鍼灸師 三品大樹

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ