ENGLISH
 お問い合わせ    

精子無力症について

精子の運動率が低いものを、精子無力症と呼びます。

WHOの基準によると、総運動率40%以上、前進運動精子32%以上という基準値が示されており、この数値を下回ったものが精子無力症に分類されます。
精子の正常な運動率は70~80%程度、自然妊娠を望むには50%以上が望ましいと言われています。
原因の多くは先天的なものが多いと言われていますが、前立腺炎や精巣炎、高熱、精索静脈瘤、なども原因の一つと言われています。
また、精子が運動する(前進する)ために必要なエネルギー源は、ミトコンドリアです。このミトコンドリアが発育しないとエネルギー不足となり、運動率低下に繋がります。
加えて、日々のストレス、運動不足、食生活や喫煙などの生活習慣も運動率に大きな影響を与えています。

それでは、精子の運動率が低いと不妊治療にどのような影響があるのでしょうか。
中度の精子無力症である運動率が20~40%では、AIHあるいはIVFでの治療、
重度の精子無力症である運動率が10%以下では、IVFあるいはICSIという具合にステップアップが必要となり、奥様の身体への負担、そして金銭面の負担も増していきます。

少しでも精子の元気を取り戻し自然妊娠が可能な数値に近づけるために、今一度ご自分の生活を見直して体質改善を心がけましょう。また、当院では男性用サプリメントもお勧めしています。是非お試しください。

以下のブログも参照ください。

精子が作られるまで

受精への道のり ~精子たちのグレートジャーニー~

鍼灸師 天野進也

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ