ENGLISH
  03-5469-0810    

ホルモンバランス力アップのポイント

先日、更年期の鍼灸治療を受けている患者様より、「私は鍼治療を受けていなかったらこの更年期真っただ中にパニックになっていたと思います、本当に助かっています。」と、とてもありがたいお言葉をいただきました。

その患者様は更年期をむかえる前から数年間診させていただいておりますが、こころやからだが大きく変化する時期に、鍼灸でからだの不快な症状の治療はもちろんですが、施術しながら色々なお話もしますので、こころの準備やきもちのコントロールをすることができたとおっしゃっていました。

鍼灸で少しでも多くの女性がイキイキとした毎日を過ごせるお手伝いができると本当に嬉しいですニコニコ

中医学の婦人科で伝えられてきた”更年期の養生訓”というものがありますが、ホルモンがこころとからだに影響する女性にとって、この養生訓は更年期に限っていえることではないと思います。

更年期と不妊の両方の面で、養生のポイントとなる言葉を紹介します。

「陰平陽秘」
―普段とは違うことをしてバランスをとる―

カラダだけではなくメンタル面でも自分の弱点がでて、バランスを崩しやすいのが不妊治療中や更年期です。
もともと短気な人は火がついたようにカッカと怒りっぽくなり、内気な人はいつも以上に自分を責め、内側にこもりやすくなります。こんな時は「普段とは真逆に見えるようなことをすることによって、陰と陽のバランスを整えることができる」と中医学では考えます。

短気でせっかちな人は、カフェで一人静かに読書をする時間を持ってみる。内向的な人は思い切って興味のあった習い事やサークルに参加したり、好きなドラマを見つけるなど新しい刺激を得てみましょう!

「陰平陽秘」 ―普段とは違うことをしてバランスをとる―

変化のとき、悩んでいるときはいつもとは違う体験を呼び込むチャンスです。新しい楽しみを発見できるときでもあるのですしっぽフリフリ

鍼灸師 石橋朋子

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810