ENGLISH
 お電話でのご予約

ソフィアAとソフィアCの違い

ソフィアA、ソフィアCの違い

主に卵胞ホルモンの量により高用量・中用量・低用量に分けられます。
50μgのものを中用量,それ以下のものを低用量,30μg以下の場合を超低用量といいます。

ソフィアAは、1錠中に、ノルエチステロン1mg・メストラノール0.05mgで中用量にあてはまります。

ソフィアCは、1錠中に、ノルエチステロン2mg・メストラノール0.1mgで高用量にあてはまります。

不妊治療においては、主に生理周期を整えるために使われます。整えるとは周期の日数を整えたり、前の周期の卵胞が残っているものをリセットする目的で使用されます。

ソフィアAと内容成分が全く同じなジェネリック医薬品としてビホープAがあります。

アキュラ鍼灸院 院長 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP