ENGLISH
 お問い合わせ    

出生前診断と着床前診断について

pregnant

着床前診断は、受精卵の染色体異常などの遺伝子検査を行うことです。

一般では、体外受精の際に行われます。通称PGD(Preimplanation Genetic Diagnosis)の略で、受精卵が8細胞~胚盤胞前後にまで発生が進んだ段階でその遺伝子や染色体を解析し、将来起こりうる遺伝疾患や流産の可能性を診断します。日本では着床前診断を重い遺伝病の患者などに限定し、男女産み分けは認めてません。そのため、渡米や他国に渡り検査を受ける日本人が増えている。アメリカでは男女産み分け、遺伝子疾患や染色体異常を回避する目的の着床前診断が認められている。

出生前診断は、「胎児」の遺伝子を検査します。
検査はクアトロ検査、羊水検査など様々です。

アキュラ鍼灸院 院長 徐 大兼—–

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ