ENGLISH
  03-5469-0810    

⑥誰も教えてくれない、、、生活習慣の重要性 Part 1

Baby Pic

今日は模範的な生活についてお話したいと思います。題して、

「これが正解!妊娠に近づく温活24時」
妊娠に近づけるお手本ライフをご紹介します。

6:00 AM

1)朝同じ時間に起床、朝食を。いいリズムで一日をスタート。朝は5時半から7時の間に目覚めるのが一番自然の摂理にかなってます。お花も暗くなると花びらを閉じ、朝日とともに開きます。このサイクルは人間も同様。睡眠時間を確保した上で、起床と就寝の時間は一定に保つと、ホルモンバランスがととのい、体温が上昇します。

6:05 AM

2)毎朝の習慣に、基礎体温をはかりましょう。「基礎体温」とは、生理周期を知る最もオーソドックスな測定法。生理周期だけでなく、意外と知らない自分の”平熱”も知ることができるので、女性は毎朝測定することをおすすめします!目覚めたらすぐ、起き上がる前に体温計を当ててはかるだけで簡単です。是非習慣にしましょう!

6:45 AM

3)朝食Time!朝食は必ずとりましょう!毎日同じ時間に起き、朝食をとり、気持ちよく一日をスタートさせましょう!!日本人はやっぱり朝は味噌汁が一番。具たくさん味噌汁がお勧めです。ただし、ダシはできるだけイリコや煮干からとるようにしましょう。面倒な人は前日から水に浸しておくか、粉末になったものを使いましょう。味噌汁の具はなんにでもあいます!暖かい味噌汁で胃腸を温め、血行も促進されます!

7:30 AM

4)でかけるまえに、服装チェック。おしゃれを楽しみつつ、あたため対策の工夫をしましょう。生足は厳禁。特に夏は冷房で冬より逆に冷えやすいので注意。

7:45 AM

5)出勤まえに30分のウォーキングでカラダ全体の血液が循環、カラダじゅうがぽかぽかして、免疫力も高まります。子宮をはじめ、カラダを芯からあたためるには、カラダを動かして熱を発生させることが近道。筋肉を動かすウォーキングが一番効率的な方法です。目安は汗をかかない程度のスピードで30分。朝の気持ちのいい空気を胸いっぱい吸い込んで、自然と一体化した感覚に浸りながら、歩いてみてはいかがでしょうか?

8:00 AM

6)出社時間 8時半から10時の間に出社する人が多いと思いますが、通勤には時間的に余裕をもって、出社したいものです。というのも、ギリギリに出社している人は朝からイライラしやすく、安定した精神状態ではないまま就業することになってしまいます。仕事は一日続きますので、朝はリラックスした状態から仕事モードに切り替えられるよう、余裕を持ちたいものです。

10:00

7)デスクについたら、欠かさず冷え対策を!ブランケットなどで、下半身をカバーし、冷えに注意。足元が寒い場合は、足首まですっぽりかぶさるスリッパなどに履き替える、5本指靴下を履く、靴下を重ね着する、レックウォーマーを履くなど工夫しましょう。また夏は冷房により冷えに注意。冷風が直接あたらないような工夫を!

お昼、夜の理想的なすごし方は次にご紹介したいと思います。

では、まずは理想的な朝を迎えられるよう頑張ってみてください。

アキュラ鍼灸院 ファティリティーウェルネス 院長 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810