ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

医療、検査の進歩

日本人の死亡原因の第一位である、がん。がんと一口に言っても多くの種類がありますが、そのうちの2つについて最近興味深い記事を拝見しましたので、紹介させて頂きます。

国内で最近の記事として、来年1月から、がんの死因上位である大腸がんの、ある検査が公的医療保険の対象になるそうです。現在は肛門から細長い管を入れる内視鏡検査が主に行われていますが、この検査自体であったり、大腸という場所ゆえに恥ずかしがってしまう方も中にはいらっしゃるようです。ですが今回、飲むタイプのカプセル内視鏡で大腸のがんを探す検査が公的医療保険の対象になるようです。以下、yahoo!ニュースから抜粋です。

検査は、長さ3・1センチ、直径1・1センチのカプセル型の内視鏡をのみ込む。2台の小型カメラとLEDライト、バッテリーが内蔵されており、1秒間に最大35枚の画像が撮影できる。データは随時、受診者が肩から提げたレコーダーに送信される。数時間後、カプセルは便として排泄(はいせつ)される。肛門(こうもん)から細長い管を入れる従来の内視鏡検査と比べると、痛みと心理的負担がないことが利点だ。カプセル内視鏡は、小腸用が07年に保険適用されている。大腸用は7月に国が製造販売を承認。厚生労働省の中央社会保険医療協議会が今月6日、来年1月からの保険適用をスピード承認した。カプセルの価格は8万3100円。ここに検査費用が加わり、3割負担なら1回数万円で受けられる見通し。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131121-00000013-asahi-sci(リンクは終了しております)

また、がんだけでなく、大腸の異常は血便としてよくみられることがあります。自分は痔を持っているから出血はいつものことだ、と思わず、もし痛みのない血便があるようでしたらすぐに検診をお勧めします。

もう1つの記事は、アメリカに住んでいるわずか15歳の高校生がすい臓がんを初期段階で発見する検査法を開発した、というニュースです。すい臓がんは他の臓器に比べ、発見が困難でことで知られていて、あの有名なAppleの創業者、スティーブ・ジョブズ氏もすい臓がんの発見の遅れで帰らぬ人となりました。以下、記事より抜粋です。

なぜ難しいのか。すい臓がんを検出するには、血中にあるごく少量のタンパク質の発生量を調べなければならないからだ。すい臓がんになると検出される8000種の中から、すい臓がん患者特有のものを見つけ出した。研究を続けるため、アンドレイカさんは200人の教授に手紙を送る。うち、199は提案を却下。たった1通、良い返事が帰ってきたジョン・ホプキンス大学で研究の場を得て、テスト方法を開発した。アンドレイカさんが開発した方法では、1つの小さな検査紙で 費用は3セント(約3円)、わずか5分でテストできるという。従来の方法と比べると、168倍速く、26,000分の1以下の費用、400倍の精度で検査できるという。この方法はすい臓がんだけでなく、他のがんやHIVなどにも転用が可能としている。
http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/10/cancer-test_n_4252707.html

検査法の発見も素晴らしいですが、15歳のこの青年の熱い思いも素敵ですね。なぜこんなに若くしてここまで熱心に研究をしたのか?それは是非記事をご覧になってみてください。

がんは多くの人がなる疾患です。厚生労働省によると、男性の2人に1人、女性の3人に1人が生涯のうちにがんにかかる可能性があります。上記に挙げた2つの検査はどちらも早期発見の為の検査です。発症部位によっては治療が困難なことに変わりはありませんので、どうか定期的な検査、少しでも異常を感じた際の検査をお忘れなきようくださいませ。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。皆様のご健康をお祈りしております。

鍼灸師 西村 亮二

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ