ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

~ 汗は健康なからだを知るバロメーター ~

みなさまこんにちは ニコニコ

最近は外を歩いているだけでも、ムシムシした湿気や高い気温が続き、汗と臭いが気になる季節になりましたねあせる

これからの季節は汗を多くかくので、梅雨の時期や夏は憂鬱という方も多いと思いますが、汗は人の健康を維持する為にはなくてはならない大切な役割を果たしていますよね。



ところで汗には2つの種類があることをご存知でしょうかはてなマーク

皮膚には汗が出る汗腺が2種類あり、エクリン腺から分泌される汗とアポクリン腺から分泌される汗があります。



エクリン腺は、唇と爪で覆われている皮膚以外ほぼ全身の皮膚にあります。 

ここから分泌されるのは「体温調節」の為の汗。

人間は常に37℃前後の体温を保ち続ける恒温動物なので、体温が上がり過ぎても、下がり過ぎても体にダメージを与えてしまいます。 

その為、汗をかいて皮膚から汗を蒸発させることで、皮膚の熱を奪い体温を下げているのです。

また、辛い物を食べた時、額や鼻の頭にもかく汗もエクリン腺から分泌されるもの。

ちなみに、緊張したり驚いた時に手のひらや足の裏、脇の下にかく汗もエクリン腺から出るものなんです。


一方、アポクリン腺は、脇の下の皮膚や毛根部に多くある汗腺で、稀に耳の中やおへそのまわりなどにもあります。

こちらは、もともと異性をひきつけるフェロモンのような役割を担っていて、いわゆる “ 体臭 ” のもととなる汗を分泌します。 アポクリン腺の数は、人種や個人によっても差がありますが、食生活の欧米化などによって、日本人の10代・20代のアポクリン腺は20年前に比べて増加、臭いも強くなっています。



その中でも汗の出方や臭いなどによっては、カラダからのSOSのサインとなっている場合もありますが、では一体どういう汗があるのか、ここで良い汗と悪い汗についてふれてみたいと思います!



“エクリン腺から出る汗には、“ 良い汗 ” と “ 悪い汗 ” があります。”


良い汗とは、小粒で水のようにサラサラ。 皮膚の上で蒸発しやすく、効率よく体温調節ができるため、長く汗をかき続ける事がありません。

特にスポーツ選手など、汗をかく機会の多い人ほどこのタイプの汗がでるようです。


一方、悪い汗の方は、大粒で濃度が濃くベトベト。 

皮膚からなかなか蒸発しないため体調調節がしにくく、普段汗をかく機会が少ない場合がほとんど。 汗腺の機能の低下が原因と考えられます。 

汗腺の機能が低下すると、前述の再吸収がきちんと行われないため、汗の中に血漿の成分が多く含まれたままになってしまい、汗のべとつきや臭いの原因となってしまうのです。


では良い汗をかく為の方法とはなんでしょうかはてなマーク

サラサラの良い汗をかくためには、“ 汗腺トレーニング ” が有効ですビックリマーク

汗腺トレーニングでは、まず熱めのお湯に肘から先と膝から下だけをつける手足高温浴を行いましょう。

脳から遠い足や腕の汗腺の機能は低下しやすいので、その部分の汗腺を積極的にトレーニングすることで汗腺の機能を高めることができます。


次に、ぬるめのお湯につかる微温浴で、手足高温浴で高まった交感神経を安定させて下さいね。

この時、発汗作用のある酢をコップ半分ほど加えると汗腺機能の回復を助けてくれます。

ただし、高齢者や血圧の高い人は手足高温浴は避けて、微温浴から始めて下さいね。

そして、汗腺トレーニングの後はタオルで水分を拭き、ゆっくり汗を蒸発させてゆるやかに体温を下げましょう。

水やジュースで割ったりんご酢や黒酢のドリンク、またすり下ろしたしょうがにはちみつを加えてお湯で溶くしょうがドリンクなどで水分補給をすると汗腺の機能が高まり、汗腺トレーニングの効果がさらにアップします。

これを3週間ほど続けると、良い汗をかくことができるようになりますよ。

良い汗は本来無臭ですが、汗をかいた後しばらくすると汗くささを感じることがあります。

汗の臭いは、皮膚面の皮脂やあか、ほこり、ふけなどが汗と混じることで最近が増殖し、におい物質が発生すると考えられています。

臭いが気になる場合は、外出前にデオドラントなどの制汗剤を利用すると効果的です。

汗の臭いは発汗後、1時間ほどで発生するので、その間にケアすることを心掛けて下さいね!!

今年の夏は、汗腺トレーニングと上手な臭い対策で、快適に過ごしましょう。


アシスタント 鍼灸師 木川 佳子

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ