ENGLISH
 お問い合わせ    

アロマでほかほか冬生活

クリスマスも終わり、街が新年にむけて装いを新たにしている中、季節も本格的に冬に突入し寒さが厳しくなってきました。外出すると体が芯から冷えてしまい、なかなか温まりません。そんなときアロママッサージをしてみてはいかがでしょう?とはいえ、アロマと言ってもどの香りを選らんでよいのか分かりにくいものです。そこで女性の体の周期にあわせた香りをご紹介しますのでご自分の状況にあった好みの香りをみつけたら、あたためたマッサージオイル(セサミオイルやホホバオイルなど)に1滴たらして手や足をマッサージしてみてください。きっと極上のほかほかリラックスタイムを堪能いただけると思います。

<月経期>
・クラリセージ:ほのかに甘みと温かみを含んだスパイシーな香り。心を穏やかにする優れた働きがあり、緊張を癒やして、気持ちを楽にしてくれます。心を深く鎮めて安らぎを与えてくれます。
・ジュニパーベリー:深く静かな森の木々を思わせるウッディーで爽やかな香り。くたびれた心をリフレッシュし、愛情と平和な気分を取り戻させてくれ、落ち着いた幸福感を与えてくれます。
・ローマンカモミール:植物の瑞々しい蒼さを思わせる深いハーブ調の中に、青リンゴに似たフルーティーな香り。不安や緊張、怒り、恐怖の感情をほぐして、心を深く落ち着かせてくれる優しい力があります。

<卵胞期>
・フランキンセンス:定着性の高い木製の甘い香りの中にも、かすかにレモンに近い染み透るような芳香を含んでいます。雑念を追い払って心を安らかに鎮めたいときに役立ってくれます。
・ローズオットー:「エッセンシャルオイル(精油)の女王」と呼ばれるほど、美しく高級感に満ち溢れたエレガントな香り。あらゆるネガティブな感情を解すといわれています。女性の美しさを力強く支えてくれると同時に、女性の様々な辛さや問題に際して優しくサポートしてくれます。
・スイートマジョラム:温かみのあるスパイシーさの中にもほのかな甘みを含んだ香り。リラックスしたい時や心地よく眠りたいときに使われます。

<黄体期>
・ジンジャー:ぴりっとしたスパイシーな芳香が特徴。心身ともに温かみを与えてくれます。
・ゼラニウム:ほのかに甘く少しローズに似た芳香の中に、ミントのような香りを含んでいます。気分が落ち込んだり、イライラした場合に最初に試してみるとよい香りあと言われています。
・マンダリン:デリケートでバレンシアオレンジに似た甘い香り。高ぶった気持ちを鎮めてリラックスさせてくれる香りです。

男性には、ローズウッドやサンダルウッド、ジンジャーなどがよいと言われています。もしご自分でマッサージをしてみて気持ちがよかったら、ぜひご主人にもマッサージをしてあげてください。ご夫婦で香りに癒されながら夫婦円満な新しい年を迎えられるとよいですね。

今年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願い致します。

鍼灸師 草薙 久美子

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ