ENGLISH
 お問い合わせ    

「足湯のすすめ」

そろそろコートが手放せない時期がやって参りました。

皆様、寒さ対策は万全ですか?

夜寝る前に湯船に浸かり、1日の疲れを落としてぽかぽかになって寝床につくときの幸せは格別ですよね。

 

しかしながら、『最近はお風呂から出てもすぐに足先が冷たくなって、布団に入るころには冷え冷えなんです…。』というお声や、『昔から足先がとっても冷たくて…』というお話をよくお伺いします。

不妊を訴える方の多くは冷えを訴える現状も踏まえ、今日は皆様に‘寒い足先対策’として『足湯』をお勧め致します。

足湯グッズは最近よく見かけますが、くるぶし位までしか温められないものが多いので、出来れば膝下まで温められる、高さのある容器がお勧めです。

それを使うことで、女性の月経に関与する不妊症などに有効な足首回りのツボがしっかり温められます。
特に有名な三陰交というツボ(内くるぶしからご自分の指4本分上のところにあるツボ)は月経不順などにも
有効ですので嬉しいですね!

高さのある足湯グッツが見当たらないようでしたら大きめのバケツでも結構です。

それに40度位のお湯をはり足を浸します。出来れば40~50分以上入って頂きたいので、そのために差し湯が出来るようにポットを用意して下さい。

暖かい部屋の中で差し湯をしながら足湯をしているとじんわりと額に汗を感じるようになるでしょう。
そうなったらまた暖かいお茶を飲んでもう少し浸りましょう。

どうですか!?芯から温まった感じがしませんか?

一度やると病みつきですし、風邪のひきはじめにもうってつけです。

ちなみに、私は、膝下まで温めることが出来、温度調節も可能な愛用足湯器で毎冬足湯を楽しんでおります。

皆さまも身も心もポカポカになって気持ち良く一冬を過ごしてみませんか?

鍼灸師

岩崎

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ