ENGLISH
 お問い合わせ    

妊活&美容に効果的な運動

当院には、体質改善を切実に求めて来院される患者様が多くいらっしゃいます。
体質改善に鍼灸治療は大変効果的です。
しかし、日常の食生活の乱れや運動不足が長期で続いてしまうと鍼灸治療を行ってもなかなか改善されない場合があります。

初めて来院された方へ、「普段、どんな運動をされてますか?」と、お聞きすると一番多い回答が、
「ウォーキング」or「ほぼやっていない」という答えが多いと感じます。

「ウォーキング」と答えた方も、よくよくお話をお聞きすると身体を意識せずにただ歩いている方が多いです。

ウォーキングの時に、何を意識していますかはてなマーク
歩き方によっては、足腰に負担がかかる場合もあります。

◯ウォーキングで意識すること

★ポイント①
大股ではなく小股で歩きましょう!

人は大股で歩く時、かかとから足を着いて歩きます。
かかとに重心をもっていきすぎると、膝が曲がりやすく、背中も丸まりやすくなります。

★ポイント②
重心をかかとの方にいき過ぎない様にしましょう!

靴裏を見ると、かかとの部分がすり減っている方が多くいらっしゃいます。
これでは、せっかくのウォーキングの効果が半減してしまいます。

姿勢を正しく、ややつま先の方から着地するのを意識し、
小股で歩くように心掛けしましょう!

★ウォーキングの効果
①血流量を上げる、血流改善
②脳を活性化させることでホルモンバランスを整える
③浮腫みや冷えの解消

★ウォーキングについて他にはこちらのブログもおススメ!
たった一つのポイントで効果的なウォーキング

○その他のおススメの運動方法

ヨガ
ヨガは「つながり」や「結ぶ」という語源があり、日本では戦後から体・心・魂を結つける修行法・健康法として広がったそうです。

ヨガでは、「呼吸法」と「正姿勢」が最も重要といわれています。
深い呼吸で乱れていた感情を平常心に戻してリラックスさせ、全身に酸素をいきわたらせることで細胞を活性化し新陳代謝を上げます。
正しい姿勢で身体の歪みを解消したり、ポーズによっては骨盤内の血流を上げる効果もあります。
自律神経の乱れやホルモンバランスが乱れている方にもとてもおススメです。

ピラティス
ピラティスは2000年以降に人気になった運動法です。
元々、ドイツ人のピラティス氏が第一次大戦で負傷した兵士のリハビリの為に開発されたリハビリ方法です。
ヨガの影響を受けている部分もあるので、考え方では似た部分があります。

ヨガは身体のストレッチをし、心身のリラックス効果に重点をおいていますが、
ピラティスではそれに加え、体幹の筋肉(インナーマッスル)を鍛える事にも重点をおいています。
数種類の器具を使っていったり、音楽に合わせて行うのもピラティスの特徴です。
インナーマッスルを鍛えたい!身体を引き締めたいという方にはおすすめです。

様々な運動法がありますが、自分のライフスタイルや体質にあったものを選びましょう音譜
また、楽しんで行うこともとても大切です。

当院のスタッフは、様々な運動法の経験者が多く在籍します。
何か運動を始めてみたい!どんな運動が自分には向いているのか?等があれば、
ぜひ鍼灸師に聞いてみてくださいね。

鍼灸師
中村 早耶香

—–

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ