ENGLISH
 お問い合わせ    

1か月分のブログ要約メール配信サービスのご案内(無料)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

【逆子治療の患者様へ】アキュラ鍼灸院の逆子治療

自粛明け、逆子治療でご来院下さる患者様も多くなってきました。逆子が治りにくい原因としては、胎盤の位置、羊水量、臍帯(へその緒)の長さ、子宮の形、子宮筋腫等の問題が考えられます。こういった理由であれば、逆子を治す事は難しい場合がありますが、そうでなければ、鍼灸治療を試されてみるのも1つの手段です。

◎ 鍼灸治療と並行して、自分で出来ること

【赤ちゃんの向きを確認】

赤ちゃんが右向きなのか、左向きなのか、検診の時に病院で聞いてみて下さいね。もちろん、アキュラでも治療の最初に毎回エコーを使って赤ちゃんの位置を見させて頂いております。また、臍帯(へその緒)が赤ちゃんの体に巻きついていないか、確認出来る場合があります。特に4Dエコーの場合、角度によっては臍帯を見る事ができます。

 

【逆子体操】

逆子体操には、2種類あるのをご存知でしょうか?

① 胸膝法 (きょうしつ法)

顔、腕、胸、膝から足先までを床に付けた状態で、お尻を高く上げます。この状態を10〜15分キープした後、右肩若しくは左肩からゴロンと横になります。右か左かは、赤ちゃんがどちらに向いているかで決まります。赤ちゃんの背中がお母さんのお腹の左側に位置している時は、右が下になるように横になります。反対の場合は、左が下です。

 

② ブリッジ法

腰の下に座布団やクッションがくるようにして、仰向けに寝ます。腰が10〜15センチ程上がるようにします。

臍帯巻絡※等で、逆子体操は避けた方が良い場合もありますので、必ず、病院で確認してから行いましょう。

※臍帯巻絡

「さいたいけんらく」と、読みます。へその緒が赤ちゃんの体に巻きついている状態です。出産までの間に胎動によってほどける場合もあります。

 

どちらも、赤ちゃんの頭が下に行けるように、スペースを作ってあげるために行います。安全を考慮して、ベッドや布団の上で行いましょう。

 

【横向きで寝る】

逆子体操がきついという方は、これだけでも効果があります。この時も、赤ちゃんの背中の位置(お顔がどちらを向いているか)によってどちらを下にするかが決まります。

 

【お身体を温める】

温めると筋肉は緩みます。お腹の赤ちゃんもより、動き易くなります。ご自宅では、アキュラのお灸を是非お試し下さいね。毎回、治療の後にどこにお灸をするか、お伝えします。

特に、お腹周り、下半身は、腹巻や靴下等で冷え対策をしましょう。

コロナの影響で、非接触式体温計を持つ方が多くなりました。これをお持ちの方は、是非、足先の温度を測ってみるのも良いですね。

アキュラのお灸は有煙タイプで180個、無煙タイプで170個と、ギッシリ入っています。安産のためのツボもありますので、治療の中でお伝えしていきます。また、産後トラブルに多い腱鞘炎や、腰痛、首や肩のコリにも使えます!

 

 

 

【ウォーキング】

軽いお散歩程度で良いです。歩くことで骨盤が動き、連動して子宮も動きやすくなります。

 

【とにかくリラックス】

上に挙げた事を、やりすぎない。逆子体操、ウォーキング、お身体を温める。何においても“過度”というのは良くありません。お腹の赤ちゃんに話しかけながら、ゆったりとした気持ちを持って過ごしましょう。ここ、意外と重要です。

ご出産までのもう一踏ん張り、スタッフ一同、全力でサポートさせて頂きます。

鍼灸師
原田 奈緒

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ