ENGLISH
 お問い合わせ    

避難訓練を実施しました

災害はいつ起こるかわかりません。ということで、今日は大地震と停電を想定し訓練してみました。

当院ではいろいろな避難マニュアルを基に、当院独自のマニュアルを作成しましたので、

さっそく検証のため、訓練を実施しました。

想定:震度5以上の地震発生。発生1分後に停電 (真っ暗になる)

院内状況:施術者3名、患者4名、受付1名、アシスタント1名

       全員火を使う灸頭針を使った治療で2名が仰向け、2名がうつ伏せの状態

注意したこと:

   1)火を使う治療をしている人の火の処理

   2)スタッフ同士の声掛け

   3)患者様が安心し、パニックを回避する声掛け

やってみてわかったこと

   1)地震が発生したら、うつ伏せの人はすぐに起き上がろうとするので、

     「いますぐ鍼とお灸とお取りします。そのままでお待ちください」とお伝えすること。

     また、仰向けの人も、抜鍼が必要なため、「動かないでください!」とお伝えすること。

   2)院長不在時に、誰がリーダー役になるか、ルール決めすること。

   3)地震発生時の当院の災害ポリシーを待合ラウンジの壁に張り出し、患者様にも周知すること

   4)停電時には瞬時に明かりが必要なので、各ベッドに頭部装着可能な懐中電灯を常備すること

   5)小さい消化器を設置すること

   6)明かりが消えた瞬間「大丈夫ですよ。すぐに明かりがつきますからねぇ~」と安心していただける

     声掛けを各スタッフですること。

   7)その他、細かい手順などを確認しあいました。

今回は初めての訓練だったので改善点を踏まえ、また来年実施し、今度はより的確で敏速な対応ができるよう、精度を上げていきたいと思います。訓練を重さねることによりスムーズに、そして安全に患者様の誘導と安全確保ができるように最善の努力をしていきます。

アキュラ鍼灸院

院長 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ