ENGLISH
 お問い合わせ    

第36回日本受精着床学会参加報告

7月26日(木曜日)~27日(金曜日)幕張メッセで行われました

 

第36回日本受精着床学会総会・学術講演会

に参加してきました!
 
 
今回のテーマは
”生殖医療と社会の調和 子を望むカップルとともに”
 
会場には生殖医療に携わる
産婦人科医、泌尿器科医、胚培養士
が中心となり300題を超える多くの発表があり、
 
妊娠率の高い受精卵の鑑別方法、
年齢別に応じた高度生殖医療の方法、
新しい技術の報告
 
など最新の情報を学んできました!
 
 
そして、私たちアキュラ鍼灸院は
不妊に対する統合医療の可能性
– 鍼灸レーザー療法で心拍確認の到達率は上昇するのか –

 

について発表してきました!

 

今回はポスター発表であったため

ディスカッション形式でお話ししました。

 

培養士の方とお話しさせて頂き、

 

『鍼灸ってどういうものなのか?』

『体のどの部位に鍼灸をするの?』

『どういう効果があるのか?』

 

など鍼灸と統合医療の可能性についてお話ししました。

 

 

今回300題もある演題の中で

鍼灸の公演は私たちの発表を含めて

 

たったの2題だけ。

 

まだ生殖医療の中で

統合医療や生殖鍼灸について

認知がされていないのが現状です。

 

これから、このような学会発表を通じて

統合医療、生殖鍼灸について多くの

不妊治療に携わる医療従事者に伝えていければと思います。

 

 

これからも子供を望むカップルの皆様が

1日でも早く子宝に恵まれるよう

今後も研鑽を続けていきたいと思います。

 

アキュラ鍼灸院

鍼灸師 續 宏明

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ