ENGLISH
 お問い合わせ    

女性鍼灸師フォーラムへ参加させていただきました!今回のテーマは生殖医療でした!

9月3日(日)、アキュラ鍼灸院のスタッフ数名で女性鍼灸師フォーラムに参加しました。当会は、「女性が健康で生きやすい社会を目指して東洋医学の立場から支援すること」を目的とした団体で、不妊・婦人科を始めとした多岐に渡るレベルの高い講習会を開いてくださっています。

 

今回は以下のテーマの講義でした。

*女性鍼灸師フォーラムHPより抜粋(サイトが終了しています)

「不妊の漢方の基本を鍼灸臨床に活かす」

北里大学 東洋医学総合研究所 森裕紀子先生(産婦人科医)

「鍼灸の治療を受けている不妊患者さんのケース」について

荒木志保・富樫麗氏(みなとみらい夢クリニック/看護師・生殖医療相談士)

「私が取材で感じた日本の「妊活」の問題点」

河合蘭氏(出産医療ライター)

 

少しだけ内容を紹介させて頂きます。

北里大学の森先生からは不妊治療の基礎から発展し、よく使われる漢方方剤を1つ1つ丁寧に講演して頂きました。不妊治療において「少しでも何かできることを!」と、鍼灸や漢方を利用する方は数多くいらっしゃいます。同じ東洋医学である漢方を少しでも理解することで、我々も患者様の治療内容をより深く理解できるようになります。

みなとみらい夢クリニック看護師長の荒木先生からは、実際にクリニックで受けた、患者様が鍼灸師から言われた言葉を6テーマ挙げてくださいました。理解の少ない鍼灸師ほど、過剰に断言してしまったり、医師の下した判断に根拠のない意見をしてしまうことがあります。

「不妊鍼灸」という言葉が氾濫してしまっている現在。こういったことをなくす為にも、当院は日本生殖医療標準化期間(JISRAM)の一員として国内の生殖鍼灸の質の向上に向けた活動をこれからも推進して参ります。

出産医療ライターとして活動されている河合先生。とても丁寧で物腰柔らかな話し声に癒されてしまいました。河合先生からは、日本の不妊治療の現状・問題点、他国との比較、など、俯瞰的に見た新しい知見に溢れている講義でした。

 

今回も素晴らしい講義内容となっていました。より質の高い、信頼してもらえる鍼灸院として、これからも勉強会への参加、新しい知識の獲得、向上にむけ邁進していきます。

 

アキュラ鍼灸院、9月の活動報告でした(^^)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ