ENGLISH
 お問い合わせ    

統合医療で重要なこと

JARTA代表 中野崇さんのブログをいつも読ませていただいております。患者さんからの「信頼しています」に注意が必要だとういう記事も、中野さんの記事からインスピレーションをいただきました。

アキュラ鍼灸院では現在統合医療ルームの運営にチャレンジしています。理学療法士、アロマセラピスト、ピラテスインストラクターなど様々な業種と連携して治療を行っていますが、「医師と対等に議論できるようになりたい」 という言葉の本質を下記ブログで的確に指摘していて、とても参考になりました。

別にいまの統合医療ルームの仲間がそういう人達とういことではなく、「医師と対等に議論できるようになりたい」の本質を見失わないようにしないといけないということで、シェアしています。

 

全てはやはり、「患者様のために」ですから、そこを中心に進めていかなければならないと改めて感じてます。

統合医療とは各専門分野が「補完しあう」医療です。

患者様のためにと思ってやっていることが、実は自分たちのプライドのためになってしまっては本末転倒ですね。

アキュラ鍼灸院のクレドの一つでもある、「常に本質を追求する」を誠実に実行するのみです。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ