米国生殖医学会学会誌より – ビタミンD摂取・血中ビタミンD濃度と臨床妊娠率・生産率について

結論: Women with vitamin D intake below EAR and serum 25(OH)D levels at risk for inadequacy or deficiency may be less likely to conceive and might benefit from increased vitamin D intake to achieve adequacy.

ビタミンDの推定平均必要量と血中濃度が低く、欠乏レベルにある人はそうでない人と比べると臨床妊娠率及び生産率が優位に低かった。

低い人はビタミンDサプリメントを摂取し、平均レベルに達することが有効である可能性を示唆する。


Association of vitamin D intake and serum levels with fertility: results from the Lifestyle and Fertility Study

http://dx.doi.org/10.1016/j.fertnstert.2017.05.037

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次