ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

妊娠に影響するライフスタイルについて

本論文は米国生殖医学会と不妊内分泌学会のコラボレーションにより米国生殖医学会誌に2017年1月に掲載された報告です。

「Optimizing natural fertility: acommittee opinion」 「自然妊娠の可能性を最大限にするには」

上記論文では、妊娠しにくくなる要因を主に7つ上げてます。

Lifestyle factors that affect infertility.
Factor Impact on fertility Study
Obesity (BMI >35) Time to conception increased 2-fold Clark
Underweight (BMI <19) Time to conception increased 4-fold Clark
Smoking RR of infertility increased 60% Augood
Alcohol (>2 drinks/d) RR of infertility increased 60% Eggert
Caffeine (>250mg/d) Fecundability decreased 45% Wilcox
Illicit drugs RR of infertility increased 70% Mueller
Toxins, solvents RR of infertility increased 40% Hruska

Note:BMI = body mass index; RR = relative risk.

要約すると

①肥満(BMI>35) 妊娠までの期間が2倍
②過度の痩せ(BMI<19)妊娠までの期間が4倍
③喫煙 不妊のリスクが60% 増加
喫煙をする人はしない人と比べ、1年~4年早く、卵子が枯渇するといわれています。また、流産の増加につながります。男性では運動率の低下や奇形率の増加につながります。
④飲酒(1日2杯以上) 不妊のリスクが60% 増加
飲酒は控えたほうがよろしいかもしれません。男性の精子への影響は認めらえてません。
⑤カフェイン(>250mg/d):妊孕性45%減少。
但し、一日1~2杯以内のコーヒーは得意妊娠へ影響はないようです。
⑥違法薬物 不妊のリスクが70% 増加
⑦膣の潤滑剤の使用 不妊のリスクが40% 増加

最も妊娠しやすい時期についての記事はこちら

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ