ENGLISH
  03-5469-0810    

妊娠に影響するライフスタイルについて

本論文は米国生殖医学会と不妊内分泌学会のコラボレーションにより米国生殖医学会誌に2017年1月に掲載された報告です。
 

「Optimizing natural fertility: a committee opinion」 「自然妊娠の可能性を最大限にするには」

上記論文では、妊娠しにくくなる要因を主に7つ上げてます。

 

Lifestyle factors that affect infertility.
Factor Impact on fertility Study
Obesity (BMI >35) Time to conception increased 2-fold Clark 
Underweight (BMI <19) Time to conception increased 4-fold Clark 
Smoking RR of infertility increased 60% Augood 
Alcohol (>2 drinks/d) RR of infertility increased 60% Eggert 
Caffeine (>250 mg/d) Fecundability decreased 45% Wilcox 
Illicit drugs RR of infertility increased 70% Mueller 
Toxins, solvents RR of infertility increased 40% Hruska 

Note: BMI = body mass index; RR = relative risk.

 

要約すると

 

①肥満(BMI>35) 妊娠までの期間が2倍

②過度の痩せ(BMI<19)妊娠までの期間が4倍

③喫煙 不妊のリスクが60% 増加

喫煙をする人はしない人と比べ、1年~4年早く、卵子が枯渇するといわれています。また、流産の増加につながります。男性では運動率の低下や奇形率の増加につながります。

④飲酒(1日2杯以上) 不妊のリスクが60% 増加 

飲酒は控えたほうがよろしいかもしれません。男性の精子への影響は認めらえてません。

⑤カフェイン(>250 mg/d):妊孕性45%減少。

但し、一日1~2杯以内のコーヒーは得意妊娠へ影響はないようです。

⑥違法薬物 不妊のリスクが70% 増加

⑦膣の潤滑剤の使用 不妊のリスクが40% 増加

最も妊娠しやすい時期についての記事はこちら

—–

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810