ENGLISH
 お問い合わせ    

不妊鍼灸説明会ででた質問 (2017年6月)

毎月恒例となりました不妊鍼灸説明会★

今回も院長への質問タイムでたくさんのご質問をいただきました。

どんな質問がでたのか…少しだけですがご紹介を…。

 

その前に!次回日程のお知らせします。

次回は7月22日(土)18:55~19:50です!

参加希望の方は是非、こちらからご応募ください★!

 

それでは質問タイムの内容をご紹介します。ニコニコ

ご参考までにひまわり

 

Q1:FSHが高く、鍼灸である程度下げれると調べたら出てきたのですが、鍼灸でFSHは下げられるのでしょうか。

 

A:はい、下がります。なぜならば、FSHは脳のフィードバックに関係しますよね。卵胞がちゃんと育っていれば、FSHは下がります。高いと示されているのであれば、卵胞が育っていなければFSHは上がってきます。卵巣の血流をよくすることで改善できます。
 

また、ピルの併用でもFSHが比較的下がる傾向にもあります。しかし、だからといってFSHが下がっても卵子の質に直結しないことがありますので、FSHのみでは卵子の質は分かりません。

 

★関連記事★

 ▼ FSHが高く、排卵誘発にも全く反応しません

 http://ameblo.jp/acuraclinic/entry-11246391916.html

 ▼エビデンスについて

 http://ameblo.jp/acuraclinic/entry-12236790649.html

 

 

Q2:自然周期でというかあまりお薬を使わないクリニックに通院中です。チョコレート嚢胞が両側にある為、刺激をするのが不安ではありますが、年齢的にももう少し刺激をした方が良いのか迷っています。クリニックのチョイスが難しくどうしたらよいか迷っています。

 

A:治療方針が決まっていて(すべての方へほぼ同じ治療)、刺激量の調節が難しいクリニックもあります。そのやり方で胚盤胞までいけて凍結まで至っているのであれば、問題はないのではないかと思います。しかし、胚盤胞まで育たないと治療が進みませんからね。そういう場合、1人1人の周期ごとのAF(前胞状卵胞)の育ち具合を観察しながら、刺激量とトリガーの方法を工夫してくれるクリニックを受診するべきだと思います。

 

★関連記事★

 ◇転院を考えているけど、、、どのクリニックがお勧めですか?

  http://ameblo.jp/acuraclinic/entry-11826352222.html

 

 ◇刺激量について

 http://ameblo.jp/acuraclinic/entry-10906515141.html

 

Q3:採卵を行うものの、いつも空砲で3回目の時は未成熟でした。D3で胞状卵胞数(AF)が確認できるが、採卵がうまくいきません。このまま続けて行くべきか、お休みをして体調を整えるべきなのか迷っています。

 

A:刺激をしてちゃんと育ったのか。そうではないのか。AFもどれくらい育っているのか。それだけでも変わってくると思います。

AFが少ない人は体調を整えながらも採卵しておいたほうが良いかもしれません。AFがかなりあるのであればお休みをして体調をととのえてみても良いかもしてませんね。

年齢や状況もありますのでその人その人にあったもになってきますが。。。また、お休み期間にタイミングでうまくいく人もいますよ。ご参考までに。

 

★関連記事★

◇採卵→空砲の原因などについて

 http://ameblo.jp/acuraclinic/entry-12283857166.html

 

◇奇跡と言われるステップダウンでの妊娠について

 http://ameblo.jp/acuraclinic/entry-12278225263.html

 

Q4:レーザー治療はどう効果があるのですか。

A:効果はいろいろありますよ。

・脳の血流改善

・星状神経へアプローチし交感神経の抑制

卵巣には交感神経しかありません。微小血管がものすごくたくさんあるため、交感神経が活発になると血管が爆発しちゃう。と考えて人もいるのです。残念ながら、鍼灸だけで交感神経を抑制させる簡単な方法がないので、レーザーを使用し交感神経抑制しつつ、鍼灸でアプローチしていきます。

着床のときの関与する「免疫寛容」

これに関係する特定の免疫細胞も増えるという論文がある為レーザーを使用します。

 

★関連記事★

◇スーパーライザーを導入しました!

 http://ameblo.jp/acuraclinic/entry-11364458299.html

 

 

 

アキュラ鍼灸院

不妊鍼灸説明会担当

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ