染色体異常は不妊治療クリニックによって引き起こされている可能性について

先月紹介させていただきましたブログ、少しわかりづらかったかもしれませんが、不妊治療のクリニックの卵子への操作を「外的因子」と説明したブログでした。
42の不妊センターでの正倍数性胚の割合は一番成績の低い施設で39.5%。一番成績の高い施設で82.5%とかなり開きがあります。

やはり培養技術のない施設では、患者さんは救われにくいことを表しています。

話は変わりますが、残念ながら、受精率が著しくひどいクリニックが存在します。
転院をお勧めした最初のクリニックで一発で妊娠、出産までいたることも少なくありません。

反復して受精率が悪い、胚盤胞到達率が悪い場合は、培養室に問題があるかもしれません。

良い医師と良い培養士がいるクリニックが理想です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次