ENGLISH
  03-5469-0810    

”卵巣低反応患者への卵胞液フラッシング 2017/04/28 ”

卵胞歴フラッシングについての見解です。卵胞液フラッシングは、採卵数をはじめとして、成熟卵数、受精率、胚移植率を改善しなかった。どちらの研究でも採卵時間だけがただ有意に長くなった。卵胞液フラッシングは採卵数を増やして移植できる胚をひとつでも多く確保するために有効と考えられていたが、卵胞液フラッシングは有効な手段ではないことが分かった。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810