ENGLISH
 お問い合わせ    

人工授精周期の排卵前後にタイミング性交渉を行うことは妊娠率の向上につながるか?

本論文はAIHのみの群とAIH前後に性交渉も並行して行った群の妊娠率を比較した論文です。

 

結論:妊娠率は9.1% vs 19.9% で、性交渉群の方が高い傾向がみられた。妊娠がもっとも期待できるのはLHサージが確認でき、かつ排卵前後に性交渉をし、AIH実施後に排卵が確認できた場合だった。

 

解説:頻繁に性交渉を持つには越したことがないことがわかります。普段性交渉がなく、AIHのみに妊娠を依存しているカップルがいますが、性交渉が成立するのであれば、性交渉をもつ機会を増やすことが、結果につながることがうかがえます。

これは、タイミングを取る際にも重要な要素で、排卵日に合わせて1回しか行わないよりは、前後に合わせて頻繁に行うほうが、妊娠率は上がります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ