クロミッドの抗エストロゲン作用

論文解説

クロミッドの抗エストレゲン作用による妊娠率の低下を表した論文です。クロミッドによる頸管粘液の減少、内膜の薄化は妊娠の妨げになります。

両角レディースクリニック 両角 和人 医師のブログ内容をシェアさせていただきます。

論文解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次