ENGLISH
 お問い合わせ    

悔いのない不妊治療にするために

当院の患者様の過半数は40歳以上です。また、ほとんどの方は体外受精など、クリニックの治療が思うように進まなかったり、思うような結果が得られない方です。

そして、多くの方が口にされるのは「そこまでしないと私は妊娠できないのか?」という葛藤です。

このまま自然妊娠できればそれに越したことはない。でも自然妊娠しない。採卵は痛いし、麻酔は怖い。薬や注射に抵抗がある。こんなにいっぱい薬を使って、自分の体は大丈夫なのだろうか?でもFSHの値も高い。年齢も40歳を超えている。AMHの値も低い。鍼で自然妊娠が可能であれば、体外受精をやめてしばらく様子を見ようと思っている反面、もしやめている間に妊娠できなければ、その分歳をとってしまう。歳をとってしまうと、更に、妊娠しずらくなってしまう。

このような葛藤をされているかと思います。

体外受精をするかしないか、自然妊娠に身を任せるのか、いつまで治療を続けるのか、何回まで体外受精を行う予定があるのか、などなど、決めなければならないことがあります。

大切なことは、夫婦できめるということだと思います。そして、悔いが残らないよう、どうするか決めることだと思います。

地球上に生きている生命の全ては、ある一定の年齢・寿命が来ると妊娠できなくなります。それまでに、悔いが残らないようにするには何をすべきか、どこまでやるのかを決めることが大切ですね。

ある人にとってみれば、自然妊娠でうまくいかないのであれば、それを運命ととらえ、それ以上のことはしないという人もいるかと思います。

また、ある人にとってはいかなる手段を使ってでも、という方もいらっしゃいます。

二人の考え方、価値観によって色々と変わってくるかと思いますが、みなさんに共通していることは不妊治療は一生は続けられないということです。ある時期で授かるか、そうでない場合は諦めるときが来るかと思います。なので、一生続くことではなく、今が一番つらい時期なのではないかと思います。

是非、夫婦で力を合わせて、この苦難を乗り越えていってほしいと思います。そして、お二人にとって、悔いのない不妊治療を。

私達は患者様の希望にそって、様々な形で応援させていただく準備ができております。場合によっては卵子提供サロンのご紹介などもさせていただきます。

アキュラ鍼灸院
院長 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ