ENGLISH
 お問い合わせ    

「カラダを温めるの勘違い!!」

これかだ段々暖かくなってきますね。

患者さんが良く「カラダを温める」=「冷えている所を温める」と勘違いされ、お腹や背中にホッカイロを貼っているのを良く見かけます。また、これからだんだんと暑くなりますが、真夏でも毛糸のパンツをはいている人を見かけます。

「暑くないですか?」と聞くと、「暑いです!!!」と返事がかえってきます。

中には汗疹がひどくなっている人も目につきます。

ホッカイロでカラダを温めても子供ができやすくはなりません。これは、単に皮膚温が上がるだけで、なんの意味もありません。但し、温めて気持ちが良いのであれば、それは別な話ですが。妊娠しやすくなるかというと、そうではないと思っています。また、人によっては長時間ホッカイロで温め過ぎて、低温やけどや皮膚の色がドス黒くなってしまっている人もいます。

私たちの子宮は骨盤や周りの臓器に守られるように、深いところになります。女性の皮下脂肪は厚く、断熱材と同じ効果を持っています。なので、温めても何の意味もありません。不快を我慢しているのであれば、直ちにやめて欲しいと思います。

私の著書「カラダを温めれば不妊は治る!」で指摘しているのは、血液やリンパ、そして気の巡りをカラダの隅々まで良くするということです。要はカラダの芯から温めるということでもあります。そうすることが、卵子や精子の改善につながるのです。

どうぞそこのところを勘違いされないようにしてください。

私はカラダの芯から温める食べ物としてサムゲタン(参鶏湯)スープを良く飲みに行きます。
本当に温まり、次の日にはカラダに元気がみなぎる、、、、そんなスープです。

院長 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ