ENGLISH
 お問い合わせ    

免疫調節と寄生について

昨年末の米国生殖医学会誌の特集はMicrobiomeについて。マイクロバイオームとは人体に住む微生物相のこと。例えば腸内細菌など、人の健康に大きくかかわっているとこは知られています。人体にはさまざまな微生物が共生しています。

生殖器(膣、胎盤、卵管など)には生殖器独自の菌が共生しています。それらの菌が生殖機能にどのような影響を及ぼすのか、研究が進んでいます。

エール大学の生殖免疫学者のギル モア教授は、「人間の身体の常在菌が妊娠維持には極めて重要である」という結果を報告しています。

2015年11月号の 「サイエンス」 という世界で最も権威のある科学誌に、寄生虫と妊娠のびっくりする関係が報告されました。

寄生虫に感染していない婦人に比べて、回虫に感染している婦人は妊娠、出産率が高く、十二指腸虫に感染している婦人は妊娠、出産率が低いのです。

考えてみれば、寄生虫はあまり悪さをせずに、多くの人間の腸内に寄生してますが、言い方を変えれば、妊娠は究極の寄生かもしれませんね。

受精卵は半分異物(夫由来)です。

免疫系は異物と、異物化した細胞(癌、感染)を受け入れません(攻撃します)が、通常、受精卵については、受け入れています。

その理由の全容は、まだ 「なぞ」 です。

また、寄生のメカニズムも不明です。

回虫と十二指腸虫に対する免疫系の対応の違いが受精卵を受け入れる免疫系と、受精卵を受け入れない免疫系の姿を教えてくれる可能性があります。

「サイエンス」では回虫は免疫系に何らかの影響を及ぼし、炎症を抑制する働きがあると。すなわち、免疫系への影響については妊娠に必要な免疫寛容への誘導。そして炎症抑制については不妊の原因と言われている卵管や子宮内膜の炎症も含め、全身の炎症抑制効果があるのでは。

民間療法の一種として「蛭」療法がありますが、まさか「蛭」のように「回虫」に寄生させて、妊娠しやすさを検討する、、、、なんて、、、、、常識的には有りえないですが、これは試す価値ありかと思います。

当院では免疫調節(正確な表現としては免疫寛容)のための鍼灸手技を準備して皆様をお待ちしております。また、星状神経節へレーザー照射をすることにより、同様の効果が期待できることが分かってますので、レーザー照射と鍼灸治療で相乗効果を目指します。

アキュラ鍼灸院
院長 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ