ENGLISH
 お問い合わせ    

特別展「医は仁術」に行ってきました!

日に日に温かくなり、外出するのが楽しみになりましたチューリップピンク

この前の休日に、友人に誘われて、3月15日(土)~6月15日(日)まで、上野の国立科学博物館で開催されている特別展「医は仁術」を見に行ってきました。

TBSで放映されていたドラマ「J I N – 仁-」ともコラボしていて、現代から江戸時代にタイムスリップするという趣向で入口の映像で大沢たかおさんが来場者を江戸の世界に案内してくれます。
音声ガイドも別でお願いすると、大沢さんの声でナレーションをしてくれるそうですよ!目

「医の原点は江戸にあった」ということで、展示されているものは、江戸時代に日本人が育んだ医学や医療の長所を明らかにし、解剖図や当時の医療器具を中心に紹介されています。

 展示内容は、第一章 病は、いつの時代も、身分の貴賎なく、人々を襲う。
       第二章 東から西から ~医術の伝来
       第三章 医は仁術 ~和魂漢才・和魂洋才の医
       第四章 近代医学と仁
       第五章 現代の医 

 
と5つのパートに分かれていて、江戸期から現代までの医学の変遷を概観できるようになっています。

歴史で習った、杉田玄白の解体新書やエレキテルの実物も見る事が出来ます。

鍼灸関連では鍼灸道具や経絡人形、経絡図、学生時代に教科書にあった書物が展示されていて、私も鍼灸師の友人も大興奮!
江戸時代の書物でも、ゆっくり文字をたどっていくと内容が理解でき、自分が今行っている治療方法、

考え方など江戸時代と全く同じことを再現していることに感動を覚えました。

現在、「iPS細胞」の研究で、日本人研究者のノーベル賞受賞を始め、日本の医学・医療は世界の最先端と言われています。しかし、その原点には、中国から来た漢方と西洋から来た蘭方が独自に発展してきたという過程があり、現在日本では、西洋医学中心の社会にに至りますが、どの過程にも「人体を正しく把握し、人々を救いたい」という思いが脈々と受け継がれ、現在まで発展してきたのだということを実感しました。

テーマにもある「仁」とは、儒教で重視された”他を思う心”を意味し、昔も今も、医療に関わる人たちの基本理念です。今回の展示を見て、いつの時代にも病に苦しむ人がいることは不変であり、その苦しみを取り除くために、東洋西洋かかわらず、人々の為に力を尽くしてきた医者がいたこと、そして私もその道を辿っていることを感じ、あらためて、自分はなぜ鍼灸師になったのか?鍼灸師として患者様とどう関わっていけるだろうかなど医療を実践する者としての心がまえを考えさせられる貴重な時間となりました。

医療従事者に限らず、興味のある方は、上野公園を散歩がてら、ぜひ足を運んでみてはいかがですか?
繁殖期間中で見られなかったお隣の動物園のパンダも3月から公開中です!!

鍼灸師 中嶋恵子

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ