ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

医は仁術

じんしんじんじゅつ

「仁心仁術」 この色紙は私の祖父が生前に書き残したものです。上海出身の祖父、第二次世界大戦や内戦を経て、台湾から日本へ移住しました。まさに激動の人生を送ってきた人です。その祖父が、生前日本鍼灸師会の会長、故中村万喜男へ贈った色紙はいま、私の院の受付に飾ってあります。

この色紙は中村先生がお亡くなりになるまえ私に託されました。「あなたの祖父様は私にこの色紙を託しました。私の時代はもう終わり、これからはあたなの時代です。祖父様の残した言葉を肝に銘じ、医道に邁進してほしい」こうおっしゃられて、私の祖父の色紙が私のところへとめぐってきたのであります。

儒教倫理では、「仁」を最高の徳目と位置づけています。「仁心」とは人間の愛情に基づく「真心」「情け深さ」「慈しみ」などを意味します。「仁術」とは「愛に基づいて施されるわざ・方法・手段」という意味です。

医師の基本姿勢として思いやりのある愛の心で、患者を助けることを本文としなさい。自己利益に専念してはならない。多くの人々に感謝され、喜ばれる医療人を目指しなさい。天国にいる祖父は私にそのような医師になることを強く望んでいるに違いありません。

私は開業当初ベッド1台のワンルームマンションを数名でシェアする形で2002年に開業しました。2年後、ベッド4台のところへ移転し、その5年後ベッド9台の現在の院へと拡大しました。現在の院は今年で5年目となります。私は院を拡大する際、自分に問いました。「なぜ拡大するのか?その理由は?」その時の答えは下記です。

1)鍼灸の道を志す者のために研修のための門戸を広げたい
2)より多くの患者様を救いたい

上記の理由で4台→9台への拡大を決意したのでした。

祖父の残してくれた格言を胸に刻み、心を込めて患者様と接し、志の高い鍼灸師育成に精一杯努力していきたいと思います。

さて、話は変わりますが、2014年3月14日より国立科学博物館にて特典「医は仁術」が開催されます。日本最古の解剖図や解体新書など江戸時代の貴重な史料と現代の最先端医療が一挙に公開されます。是非行ってみたいと思います。

院長 徐 大兼—–

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ